著作権について

このウェブサイトは株式会社スクウェア・エニックス(以下スクウェア・エニックスと称します)が所有・運営しており、その著作権はスクウェア・エニックスに帰属します。

法令により許される場合を除き、営利・非営利、個人・団体・企業を問わず、このウェブサイトに掲載されている画像、動画、音楽、音声、テキスト等の著作物をスクウェア・エニックスの事前の承諾なく複製・加工・配布・再出版等すること禁止します。

なお、各コンテンツ中に利用規約が設けられているものについては、利用規約をよくお読みのうえ、ご利用ください。

COPYRIGHT NOTICE

This website is owned and controlled by Square Enix Co., Ltd. (“Square Enix”), and the copyright to which is held by Square Enix.

Except as permitted by law, you may not copy, modify, distribute, republish or use in any manner the copyrighted materials on this website, including but not limited to images, movies, music, voices, texts, regardless of whether it is commercial or non-commercial or whether you are an individual, group or legal entity, without prior authorization of Square Enix.

Each content may have its own terms of use, and the use of such content is subject to the specific terms of use provided therein. Please read the specific terms of use carefully prior to using such content.

「私的使用のための複製」とインターネット上での著作物の複製物の使用について

著作権法は、著作権の制限規定として「私的使用のための複製」(著30条)を定めておりますが、同制限規定により著作物の複製物が合法的に作成された場合であっても、当該複製物を著作権者の許諾なくインターネット上で使用した場合、法令により許される場合を除き、「公衆送信権(自動公衆送信における送信可能化権を含む)」(著23条)の侵害となります。これは、非営利目的である個人のホームページ上における使用であっても例外ではなく、また、ID、パスワードによるアクセス制限を施しても違法性が阻却される訳ではありませんのでご注意ください。

“Reproduction for Private Use” and Use of a Copied Copyrighted Work on the Internet

Japan Copyright Law permits “reproduction for personal use” (Article 30) of a copyrighted work as a limitation on copyright. However, even if a copy of a copyrighted work is legitimately produced in accordance with the provision of Article 30, use of such copy on the Internet without permission of the copyright owner could constitute an infringement of “right of public transmission (including right of making transmittable of his/her work in the event of the interactive transmission)” (Article 23), unless otherwise permitted by law. It should be noted that use of such copy on even a personal non-profit website is not exempted from liability for copyright infringement, and that adopting access control using IDs and passwords will not remove the illegality.

CLOSE