ニュースリリース

完全無料で楽しめる「ゲーム×コミック」の新感覚アプリ
「Imaginary Range」
iPhone/iPod touch・iPad 向けに配信開始

Imaginary Range


株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田 洋一)は、「Imaginary Range」をiPhone/iPod touch・iPad向けに、5月5日より配信を開始いたしました。

「Imaginary Range」 は、電子コミックを読みながらゲームを進めていく新感覚のアプリです。オールカラーで描かれたコミック中に、物語に沿ったいくつものミニゲームが挿入されており、コミックの登場人物たちと一体感を感じながらストーリーを進めていくことができます。

シナリオは 「emeth ~人形遣いの島~」 の月島総記(つきしまそうき)氏を起用。監修に 「ファイナルファンタジーXIII」 ディレクターの鳥山求、そしてコミックの作画は、「ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル」シリーズのキャラクターデザインを手がけた板鼻利幸が担当しております。

謎の敵により襲撃をうけたフランスを舞台に、主人公たちの“現実”と“夢”をめぐる戦いが描かれる「Imaginary Range」。アプリは無料でプレイできますので、この機会に是非iPhone/iPod touch・iPadでお楽しみください。また、Android版も2011年5月下旬に配信を予定しています。

【商品概要】

■ 商品名 : Imaginary Range
■ 対応機種 : iPhone、iPod touch、iPad
■ ジャンル : ゲーム×コミック
■ 発売日 : 配信中 (2011年5月5日)※Android版は5月下旬配信予定
■ 販売価格 : 無料 (App Storeにて全世界同時ダウンロード配信)
■ 対応言語 : 日本語、英語、フランス語

『Imaginary Range』 公式サイト

 

IR_illust.jpg

<ストーリー>
突如「Ω(オメガ)」と呼ばれる謎の巨大生物に襲撃された“フランス”。その混乱はいまだに続いていた…。

特殊な技師「サイコセラピスト」である主人公・シドは、“フランス”に入り込み、その混乱を収めるために仲間のシエラと立ち向かう。

「Ω(オメガ)」の目的は何なのか?
そして、シド達が語る「世界の終わり」とは?

“現実”と“夢”をめぐる戦いの果て、
『世界』は真実に近づく・・・


<スクリーンショット>

Imaginary Range Imaginary Range Imaginary Range


<開発スタッフ>

・原作:月島総記
『emeth ~人形遣いの島~』(第3回スクウェア・エニックス小説大賞 入選)/スクウェア・エニックス・ノベルズ刊)
『巴里の侍』(ダ・ヴィンチ文学賞 A.S. ゼロワングランプリ 受賞)/ダ・ヴィンチブックス刊)

・監修:鳥山求(スクウェア・エニックス)
『ファイナルファンタジーXIII』、『ファイナルファンタジーX』シリーズ ほか

・作画:板鼻利幸(スクウェア・エニックス)
『ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル』シリーズ、『チョコボと魔法の絵本』シリーズ ほか


◆5月下旬より、公式サイトにスコアランキングを設置!
クリア後に遊べるミニゲームのスコアは、5月下旬より公式サイト内に設置される“スコアランキング”に登録可能となる予定です。
3種類のミニゲームをやりこんで、ランキングにぜひご参加ください。


© 2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by h.a.n.d.
ILLUSTRATION:Toshiyuki Itahana


※iPhone、iPod touchおよびApp Storeは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

[戻る]