ニュースリリース

スクウェア・エニックス、新ゲームプラットフォーム「OUYA」向けに
「ファイナルファンタジーIII」を提供


株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田 洋一)は、Android OSの新ゲームプラットフォーム「OUYA」に向けて「ファイナルファンタジーIII」を提供することを決定、「OUYA」の発売開始と同時の2013年3月に配信を予定しております。また、今後も「OUYA」向けの追加コンテンツの提供も検討してまいります。

「OUYA」は、Android OSをベースとした、新しいゲームプラットフォームです。ユーザーは、「OUYA」をテレビに接続し、専用マーケットで配信されるゲームをコントローラーを使ってプレイすることが可能です。

当社が初めて「OUYA」向けに配信する「ファイナルファンタジーIII」は、1990年にファミコンソフトとして発売され、「ファイナルファンタジー」シリーズとしてはじめてミリオンセラーを記録した作品です。オリジナル作品の発売以降もさまざまな端末で展開され、現在も引き続き好評を得ている本作が、「OUYA」向けに最適化されて登場、さらに、発売と同時に無料デモの配信も予定しております。

「ファイナルファンタジーIII」公式サイト
http://dlgames.square-enix.com/ff/ff3/jp/ 

 

<ご参考>

OUYAについて
OUYAは、Android OSをベースにした、モバイルとインターネットプラットフォームのオープン性を持つ新しいタイプのテレビ向けゲーム機です。ユーザーにとっては、様々なゲームコンテンツを提供する家庭用ゲーム機となり、開発者にとっては、クリエイティブ・コンセプトを簡単にテレビで表現できる家庭用ゲーム機となります。業界で著名なJulie Uhrmanが率いるOUYAの開発プロジェクトは、2012年7月にクラウドファンディングサービス Kickstarter にて公開されると、出資募集開始からわずか8時間で30日の目標としていた95万ドルの出資額を達成、現在までに45,000以上の出資者から約600万ドルの出資を確保しています。

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

© 1990, 2011, 2012 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

[戻る]