ニュースリリース

大人気パズルRPG「パズル&ドラゴンズ」がアーケードゲームとして登場
「パズドラ バトルトーナメント ―ラズール王国とマドロミドラゴン―」
開発決定・ロケーションテスト実施のお知らせ



padBT_logo.jpg

株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐、以下スクウェア・エニックス)とガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:森下 一喜、以下 ガンホー)は、ガンホーのパズルRPG(ロールプレイングゲーム)「パズル&ドラゴンズ」をベースにしたアーケードゲーム「パズドラバトルトーナメントラズール王国とマドロミドラゴンの開発を発表いたしました。本作は、2014年春に全国のアミューズメント施設にて稼働開始する予定です。また、稼働開始に先駆け、本作のロケーションテストを2013年12月13日(金)から15日(日)に実施いたします。

「パズドラ バトルトーナメントラズール王国とマドロミドラゴンは、ガンホーがスマートフォン(iOS/Android™/Kindle Fire)向けに配信し、これまでに国内累計2,100万ダウンロードを突破している大人気パズルRPG「パズル&ドラゴンズ」をベースにしたアーケードゲームです。オンライン対戦やストーリーモードなど、アーケードゲームならではの新たなゲームシステムを搭載した、全く新しい作品となっています。

スクウェア・エニックスは、「パズル&ドラゴンズ」という強力なコンテンツを、スクウェア・エニックスの持つアーケードゲーム機器の制作・運営ノウハウを最大限いかして提供することで、アーケードゲームの新たな顧客層を獲得し、業界の活性化を目指してまいります。

ガンホーは、ワンソースマルチユース戦略のもと、スマートフォンで大人気となった『パズル&ドラゴンズ』をスマートフォンだけではなく多角的に展開を進めることで、より多くのゲームユーザーに楽しんで頂けるよう、今後も様々な取り組みを進めてまいります。

本作に登場するメインキャラクターをデザインするのは、「ファイナルファンタジー」シリーズなどを手掛けるスクウェア・エニックスのクリエイター野村哲也。綿密で重厚な世界観・ストーリーを、井上堅二氏、田口仙年堂氏、日向悠二氏ら豪華作家陣が担当しています。また、音楽ではスマートフォン版「パズル&ドラゴンズ」から引き続き伊藤賢治氏、そして幅広い分野で活躍する田中公平氏を起用するなど、制作スタッフには豪華な人材を起用しています。

2014年春の稼働に向けて大きく動き出した「パズドラ バトルトーナメントラズール王国とマドロミドラゴンに、ぜひご期待下さい。

<ゲーム概要>
タッチパネルで5色のドロップを3つ揃えて消していくという、誰でも簡単にできる直感的な操作はそのままに、アーケード版ならではの『対戦』要素を加え、オンラインで全国のライバルたちと最大16名でトーナメントバトルを繰り広げる“全国トーナメントモード”を搭載。また、オフラインでじっくりと自分のペースで遊びたい方は、キャラクター毎のストーリーが楽しめる“ストーリーモード”もお楽しみいただけます。さらに、「パズル&ドラゴンズ」でおなじみのモンスターはもちろん、本作オリジナルのモンスターや、自分自身のキャラクターであるアバターを選ぶことも可能です。

合成や進化などのシステムはアーケードでのプレイスタイルに合わせて再構築しているほか、ICカード「NESiCA」を使用すればゲームデータが保存され、何度も繰り返し遊ぶことで新たな楽しみが増えていきます。

padBT_筐体.jpg

↑筐体は、タッチパネルのみの操作で、どなたでも簡単にプレイできます。

 

padBTゲーム画面_01.jpg padBTゲーム画面_02.jpg padBTゲーム画面_04.jpg
↑おなじみのモンスターたちがアーケード版では美麗なアニメーションをしながら臨場感たっぷりにバトルを繰り広げます。 ↑ドロップマスは5×8にボリュームアップ。移動の際には時間制限がなく、細かな攻撃で着実に攻めたり、大きなコンボで逆転を狙うなど、対戦ならではの戦略性が強くなっています。  ↑NESiCAを使うことで、ゲームデータの保存が可能。ガチャドラゴン、モンスターの成長・進化など、おなじみのシステムはアーケード版に合わせて再構築されています。 

 

マドロミドラゴンイラスト.jpg 水無月ヨウ_.jpg牧村チカ.jpg
↑本作描き下ろしのオリジナルモンスターも!
padBTゲーム画面_03.jpg
 ↑野村哲也デザインを基にアニメーション制作会社
「サテライト」がゲーム用にアレンジしています。
アニメーション会社の特性を活かしているため、
キャラクターが生き生きと表現されています。
↑スクウェア・エニックスのクリエイター、
野村哲也デザインによるメインキャラクターたち。
(左)水無月ヨウ、(右)牧村チカ

※ゲーム画面はすべて開発中のものとなります。


<ロケーションテストサイトについて> 
2014年春予定の稼働に先駆け、ロケーションテストを実施!
一足先に対戦型の「パズル&ドラゴンズ」を体験できるチャンスです。
それに伴い、ロケーションテストサイト、及び公式Twitterもオープンいたしました。

ロケーションサイトURLhttp://www.jp.square-enix.com/padbt/
公式ツイッターアカウントpadBT_PR(ハッシュタグ:#パズバト)

■ロケーションテスト情報 
開催日:2013年12月13日(金)、14日(土)、15日(日)の3日間
開催場所:東京、神奈川、大阪の3か所

東 京:Hey     東京都千代田区外神田1-10-5 廣瀬本社ビル
神奈川:ラウンドワン横浜駅西口店 神奈川県横浜市西区南幸2-8-16
大 阪:namco梅田店 大阪府大阪市北区小松原町3番3号OSビル1~3F

※ロケーションテスト実施時間は各店舗の営業時間をご確認ください。
ただし、13日(金)のみ、全店舗10:00am~の実施とさせていただきます。

■プロモーションムービー公開 
さらに、本サイトでは、本日よりプロモーションビデオも公開しております。
物語の舞台「ラズール王国」に迷い込んだ主人公達、そこで繰り広げられる戦いの行方は?
実際のゲームプレイの様子に加え、サテライトが制作するアニメーションも展開し、
本作の世界観をより一層深く味わうことが出来ます。

padBT_PV_01.jpg padBT_PV_02.jpg padBT_PV_03.jpg

 

<商品概要> 

タイトル

:パズドラ バトルトーナメント ―ラズール王国とマドロミドラゴン―

対応機種

:アミューズメント施設向けゲーム機

ジャンル

:オンラインマルチ対戦型パズルRPG

稼働日

:2014年春より順次稼働予定
ロケーションテスト:2013年12月13(金)~15日(日)

プレイ人数

:1~16人(最大同時接続人数)

プレイ料金

:100円/1プレイ

企画・制作・運営

:株式会社スクウェア・エニックス

監修

:ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社

ロケーション
テストサイト

http://www.jp.square-enix.com/padbt/

 <スタッフ> 
■メインキャラクターデザイン:
野村哲也(代表作:『キングダム ハーツ』シリーズ、『ファイナルファンタジー』シリーズ 等)

■ストーリー、世界観設定:
井上堅二(代表作:『バカとテストと召喚獣』 等)
田口仙年堂(代表作:『吉永さん家のガーゴイル』 等)
日向悠二(代表作:『世界樹の迷宮』 等)

■音楽:
伊藤賢治(代表作:『パズル&ドラゴンズ』、『ロマンシング サ・ガ』シリーズ 等)
田中公平(代表作:『ONE PIECE』アニメシリーズ、『サクラ大戦』シリーズ 等)

 

 ©GungHo Online Entertainment, Inc. / SQUARE ENIX CO., LTD.


※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

[戻る]