ニュースリリース


生誕30周年を迎える「ファイナルファンタジー」シリーズ、
「最もタイトル数の多いRPGシリーズ」としてギネス世界記録™に認定
「ファイナルファンタジーXIV」も2つのギネス世界記録に認定

株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐、以下スクウェア・エニックス)は、「ファイナルファンタジー」シリーズが、「最もタイトル数の多いRPG(ロールプレイングゲーム)シリーズ」として、ギネス世界記録に認定されたことをお知らせいたします。

さらに同日、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」が、「最も長いエンドロールを持つMMO※1ビデオゲーム」、「最も多くのオリジナルサウンドトラックを持つビデオゲーム」という2つのギネス世界記録に認定されました。
(※1)MMO:Massively Multiplayer Online(多人数同時参加型)の略。
またこれら記録について、2017年2月18日にドイツ・フランクフルトで開催した「ファイナルファンタジーXIV」のファンイベント「FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2017 in Frankfurt」において、認定書が授与されました。
今年で生誕30周年を迎える「ファイナルファンタジー」シリーズは、これまでゲームのナンバリング作や多くの派生作品が、世界中のお客様に向けて様々なプラットフォーム上で提供されてまいりました。さらに、音楽や映像作品、グッズ商品、異分野とのコラボレーションなど、ゲームにとどまらない「ファイナルファンタジー」の世界が、今なお世界中の多くのお客様から支持を得ています。今後も、ゲームをはじめとして、様々な形で「ファイナルファンタジー」をお届けし、お客様に新しいエンタテインメント体験を提供していまいります。
■「最もタイトル数の多いRPGシリーズ」
「ファイナルファンタジー」シリーズが、「最もタイトル数の多いRPGシリーズ」(The most prolific RPG series)として、ギネス世界記録に認定されました。
認定記録:87作※2(2017年2月15日時点)
(※2) 認定記録は、ナンバリング、派生作品および一部リメイク作品を含み、移植や廉価版は除外した作品数がカウントされています。また、複数プラットフォーム展開作は1作としてカウントされています。
■「最も長いエンドロールを持つMMOビデオゲーム」
「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」(2013年8月27日発売)が、「最も長いエンドロールを持つMMOビデオゲーム」(The longest end credits in an MMO videogame)として、ギネス世界記録に認定されました。
認定記録:1時間38分
■「最も多くのオリジナルサウンドトラックを持つビデオゲーム」
「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」(2013年8月27日発売)が、「最も多くのオリジナルサウンドトラックを持つビデオゲーム」(The most original pieces of music in a video game (including expansions))としてギネス世界記録に認定されました。
認定記録:384曲(2016年9月27日時点※3)
(※3) 2016年9月27日に配信されたアップデートコンテンツ「パッチ3.4『魂を継ぐ者』」に含まれる楽曲までが対象としてカウントされています。
■ギネス世界記録とは
ギネスワールドレコーズは、世界記録を記録し、毎年世界記録をまとめた書籍を発行している組織です。現在データベースにある記録はおよそ5万件。書籍「ギネス世界記録」は英国で1955年に初版が発売されて以来、世界的ベストセラーとして親しまれています。
■「ファイナルファンタジー」シリーズとは
「ファイナルファンタジー」シリーズは、1987年の第1作発売以来、最先端の映像技術と独特の世界観、豊かなストーリー性で、世界中のお客様から高い評価を得ている、日本発のロールプレイングゲームです。欧米市場にも積極的に展開し、全世界で累計1億3,000万本以上の出荷・ダウンロード販売を達成しています。

さらに同日、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」が、「最も長いエンドロールを持つMMO※1ビデオゲーム」、「最も多くのオリジナルサウンドトラックを持つビデオゲーム」という2つのギネス世界記録に認定されました。
(※1)MMO:Massively Multiplayer Online(多人数同時参加型)の略。

また、これら記録について、2017年2月18日・19日にドイツ・フランクフルトで開催した、「ファイナルファンタジーXIV」のファンイベント「FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2017 in Frankfurt」において、認定書が授与されました。

今年で生誕30周年を迎える「ファイナルファンタジー」シリーズは、これまでゲームのナンバリング作や多くの派生作品が、世界中のお客様に向けて様々なプラットフォーム上で提供されてまいりました。さらに、音楽や映像作品、グッズ商品、異分野とのコラボレーションなど、ゲームにとどまらない「ファイナルファンタジー」の世界が、今なお世界中の多くのお客様から支持を得ています。今後も、ゲームをはじめとして、様々な形で「ファイナルファンタジー」をお届けし、お客様に新しいエンタテインメント体験を提供していまいります。

Guinness 1.png

■「最もタイトル数の多いRPGシリーズ」
「ファイナルファンタジー」シリーズが、「最もタイトル数の多いRPGシリーズ」(The most prolific RPG series)として、ギネス世界記録に認定されました。
認定記録:87作※2(2017年2月15日時点)
(※2) 認定記録は、ナンバリング、派生作品および一部リメイク作品を含み、移植や廉価版は除外した作品数がカウントされています。また、複数プラットフォーム展開作は1作としてカウントされています。

■「最も長いエンドロールを持つMMOビデオゲーム」
「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」(2013年8月27日発売)が、「最も長いエンドロールを持つMMOビデオゲーム」(The longest end credits in an MMO videogame)として、ギネス世界記録に認定されました。
認定記録:1時間38分

■「最も多くのオリジナルサウンドトラックを持つビデオゲーム」
「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」(2013年8月27日発売)が、「最も多くのオリジナルサウンドトラックを持つビデオゲーム」(The most original pieces of music in a video game (including expansions))としてギネス世界記録に認定されました。
認定記録:384曲(2016年11月1日時点※3)
(※3) 2016年11月1日に配信されたアップデートコンテンツ「パッチ3.45」に含まれる楽曲までが対象としてカウントされています。

■ギネス世界記録とは
ギネスワールドレコーズは、世界記録を記録し、毎年世界記録をまとめた書籍を発行している組織です。現在データベースにある記録はおよそ5万件。書籍「ギネス世界記録」は英国で1955年に初版が発売されて以来、世界的ベストセラーとして親しまれています。

■「ファイナルファンタジー」シリーズとは
「ファイナルファンタジー」シリーズは、1987年の第1作発売以来、最先端の映像技術と独特の世界観、豊かなストーリー性で、世界中のお客様から高い評価を得ている、日本発のロールプレイングゲームです。欧米市場にも積極的に展開し、全世界で累計1億3,000万本以上の出荷・ダウンロード販売を達成しています。


※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。