作品紹介 - INTRODUCTION

おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺 篭の鳥、謎解きの謌を謳う。究極の安楽椅子探偵=花魁!?

第1話の立ち読みはこちら第7話
立ち読み1話分公開中 スマートフォンの方はこちら

おしげりなんし
篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺
原作:加藤実秋 漫画:丸山朝ヲ 構成:わたり

『インディゴの夜』で渋谷の夜とリアルな若者像を描いた小説家・加藤実秋の初マンガ原作、初時代ものを、実力派丸山朝ヲが妖艶に描く! 吉原大門から出ることのできない花魁が、籠の中からことの次第、きっちり解いてみせんしょう。

お知らせINFORMATION

[おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺]最新第3巻(完)絶賛発売中!

定価:本体571円+税

amazon 楽天ブックス セブンネットショッピング

[おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺] 電子書籍 配信開始!

全3巻 電子書籍 好評配信中!

↑詳細は「ガンスマ情報局」でチェック!

キャラクターCHARACTER

芙蓉

芙蓉
(ふよう)

江戸吉原の郭「開花楼」の花魁(No.1)。謎解き名人として密かに噂されている。

幾太郎

幾太郎
(いくたろう)

「開花楼」の下働き。ふとしたきっかけで芙蓉の手伝いをすることになる。

浮き葉

浮き葉
(うきは)

芙蓉の身の回りの世話をする禿(かむろ)。なぜかオヤジ用語を多用する。

若梅

若梅
(わかうめ)

「開花楼」のNo.2花魁。芙蓉をライバル視して何かと張り合っている。

ぼたん

ぼたん

「開花楼」の遊女。皆のまとめ役として慕われている。

紺蔵

紺蔵
(こんぞう)

「吉原・抱かれたい裏方さん番付」第一位の髪結い。芙蓉の過去と何か関わりが?

藤十朗

藤十朗
(とうじゅうろう)

少し前に吉原の面番所付きになった同心。お坊ちゃま育ちで、よく叱られている。

◆第一噺:ひよっこ、篭鳥の謳を聽く◆

永遠蔵

永遠蔵
(とわぞう)

歌舞伎役者。
「秋葉原同心四十八人娘」の初日公演中、舞台装置の池で死亡。

龍之助

龍之助
(りゅうのすけ)

歌舞伎役者。
永遠蔵の死に関わりがあるのではないかと疑われている。

小六

小六
(ころく)

舞台で不審死した永遠蔵の付き人。
役者に憧れて飛騨から出てきた。

蓬莱

蓬莱
(ほうらい)

歌舞伎役者。
永遠蔵の叔父で、舞台上では男前だが普段は男おばさん?

お登勢

お登勢
(おとせ)

氷問屋「満天屋」の後家さん。
蓬莱の熱心なご贔屓筋。

◆第二噺:篭鳥、手負い獅子におぼこを賭する◆

霧雨

霧雨
(きりさめ)

「風月楼」の花魁。
若梅の送った「みふね庵」の名物団子を口にして亡くなってしまう。

伊作

伊作
(いさく)

浪人。
霧雨の仇を討つために、若梅を狙って「開花楼」に乗り込んでくる。

「みふね庵」店主

「みふね庵」店主

吉原の人気スイーツ「極楽団子」を売っている。

「雅組」親方

「雅組」親方

「みふね庵」の名物の庭の世話をしている庭師。

龍太

龍太
(りゅうた)

「雅組」の見習い。

◆第三噺:篭鳥、飛ぶ鳥の嫁取りを請け負う◆

金時

金時
(きんとき)

大関に昇進したばかりの関取。
女衒に売られてしまった幼馴染のおみつを捜している。

白金丸

白金丸
(しろがねまる)

関取。
常勝の王者だったが、金時関とは幕下時代からの宿敵。

おみつ

おみつ

いじめられる金時をいつもかばってくれた優しい女の子。

◆第四噺:篭鳥、人鬼に立ち掛かる◆

燐児

燐児
(りんじ)

浮き葉と九郎助稲荷で知り合いになった自称・情報通の少年。

宗佑

宗佑
(そうすけ)

「大江戸美女十傑入札」の候補者の姿絵を描く絵師。芸術家肌で変わり者。

雨單

雨單
(ういち)

「大江戸美女十傑」候補者の一人。遊びなれた旦那衆に人気のある「ほおずき屋」の花魁。

螺魅唖

螺魅唖
(らみあ)

「ほおずき屋」の遊女。雨單の妹分でその発言を代理で伝えている。

狐面の少女

狐面の少女

鬼神党の一味。鬼神党の手掛かりを得た伊作を、祭りの喧騒に紛れて惨殺する。

公式ツイートTwitter

コミックス一覧COMICS LIST

おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺
第1巻
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺
第2巻
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺
第3巻
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
HOME
作品紹介TOP
PAGE TOP