社員インタビュー:出版ビジネス・ディビジョン 出版営業部 土井 洋

私の仕事

入社後3年間、出版の営業として書店を訪問し、自社商品の追加補充・販促物の展開強化・フェア案内等の業務を中心に担当しました。外周りの傍ら、社内では、書店の販売実績や自社商品の売れ行きなどのデータを元に、施策の企画も行いました。
4年目から商品担当となり、コミックス・ガイドブックなどの初版部数・重版部数を決める役割を担っています。
この業務では、世の中の需要に対して如何に過不足なく供給できるか、が重要です。需要に対して不足があると機会損失を招くだけでなく、読者や作家など多くの方に迷惑をかけてしまうことになります。一方、供給過多の場合には、廃棄在庫となり、売上や利益に左右してしまいます。プレッシャーを感じることもありますが、やりがいも感じております。

仕事の醍醐味

とあるオーケストラコンサートのパンフレットの部数決めの際、様々なデータを元に推計し、初版適正という結果を導けた時には、大きな達成感を得ることができました。時には、失敗をしてしまうこともありますが、周囲のフォローにも助けられ、自分に足りなかったことを考え次に活かせるように心がけています。
何よりも、幅広く業務に携わる中で、多方面でプロ意識の高いメンバーと一緒に仕事をしている毎日が、本当に刺激的です。

1日のスケジュール例

出社
出社後、すぐにメールをチェックし、返信するように心がけています。その後、スケジュールのチェックを行い一日の流れをシミュレーションし、雑誌やweb等で業界の情報収集に着手します。
注文処理
取次や全国の書店から日々注文が入る為、消化状況や手持ち在庫に応じて注文処理を行っていきます。
重版資料作成
在庫状況や消化状況を確認し、重版資料を作成します。
販売データを活用して、今後の消化を推計し、必要な重版数を申請していきます。
昼休憩
 
部内ミーティング
担当しているコミックやガイドの新刊や既刊の消化状況、重版スケジュール等を部内に共有・報告します。
初版部決資料作成
今後発売を控えている商品の初版部決資料を作成します。
初版部数は、雑誌アンケートや作家の過去作の実績、他社状況等あらゆるデータをもとに推計し、決定していきます。
予算・実績データの作成
当月・翌月の売上金額の推計、差異要因の分析など、金額関連のチェック作業を行います。
退社
 
メッセージ
成長することに対して貪欲になれる人、目標をたて、実現に向けて努力できる人、スクウェア・エニックスのコンテンツに愛情をもてる人。全てとは言いませんが、いずれか該当する方には、是非挑戦して欲しいですね。