close

メディア・アーツ事業部

事業部長メッセージ

メディア・アーツ事業部 事業部長
橋本 真司

「総合エンターテイメント企業としてのブーストする部署創設!」

本年度、発足しましたメディア・アーツ事業部です。
近年、エンターテイメントは、単体ビジネスからの複合化が急速に進み、IPの拡散、利益の最大化を求める傾向にあります。
当社もこのジャンルを強化すべく、社内に既存していた音楽出版、出版部のクロスメディアを統合し、更なる高次元のビジネス構築を目指したいと思います。

コミックスからのアニメ化、舞台化、ゲームビジネスからのコンサート、舞台化等々社内の総合力を最大に活かしたビジネスにご期待ください。

新規の部門であり、これから組織をまさに拡充するタイミングです。
皆様のエンタメへの想いを是非、この新規部門で発揮してください。

クロスメディアビジネス

© Hiromu Arakawa/SQARE ENIX

当社原作のマンガやゲームコンテンツの映像化を担当します。アニメや実写、CGなどあらゆる手法で原作コンテンツを映像化し、TV・映画・配信など様々なプラットフォームで全世界のお客様にお届けするために、社内・社外関係者と内容や条件の調整を行い、また実制作にも関わっていきます。

関わる魅力

映像化は原作コンテンツをより大きくするためには欠かせない手法です。原作コンテンツを映像化することにより、今まで原作と接点のなかったお客様に見ていただき、原作を知ってもらえます。映像化を実現することにより、日本国内でのTV放送や映画公開のみならず、ネット配信により全世界のお客様にタイムラグなく見ていただけることができるようになり、映像化の重要性は一層重要になっています。映像化できる原作はもともと人気の高いものであるので、その映像化に関わることはプレッシャーでもありますが、大きな魅力です。

ミュージックビジネス

© 1997 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

当社ゲーム作品の楽曲を使った音楽商品の企画・制作やコンサートなど音楽イベントの企画・制作を担当しています。ゲームの楽曲を収録するサウンドトラックはもちろん、既存の楽曲に様々なアレンジを加えた企画商品、また近年主流になりつつあるサブスクリプション型の音楽配信での展開など、そのアウトプット方法は多種多様です。さらにコンサート・音楽イベントにおいては、公演の企画から運営まで一貫して携わることで、音楽面から当社コンテンツのブランド強化の一翼を担っており、全世界のゲーム音楽ファンのみなさまに感動体験を提供しています。

関わる魅力

ゲームのプレイ体験を呼び起こしたり、プレイしていた当時の記憶を思い出したり…人の記憶と音楽は密接に関わっており、なかでも“ゲーム音楽”は映像とともにゲームを語るうえで欠かすことができない存在といえます。そんなゲーム音楽を使ったビジネス展開は年々、多種多様に広がっています。週間の音楽ヒットチャートではTOP3に入ることも珍しくありません。さらに活躍できるフィールドは日本、北米、欧州、アジアなど国を問わず全世界。近年では、ロイヤル・アルバート・ホールやカーネギーホールなど、世界的に有名な音楽ホールでの公演を実施するなど、ゲーム音楽そのものへの注目も大きくなり、音楽の新しいジャンルとして認知されるまでに成長しています。このゲーム音楽という新しいジャンルを通じ、世界中の多くのお客様に感動体験を届けることができる魅力的な仕事です。