close

R&D

テクノロジー推進部
ジェネラル・マネージャー
Driancourt Remi

テクノロジー推進部はスクウェア・エニックスのR&D部門です。ゲーム会社におけるR&D部門が持つミッションや、業務内容についてお伝えしたいと思います。

ハードウェアの急速な進化に伴い、デジタルゲームで創造できるバーチャル空間は、より「大きく」、「ダイナミックに」、「リアルに」なっています。それに応じてAAAタイトルを制作する為の技術も複雑さを増し、生産コストが膨らむようになりました。高品質を追求しながらその過程に生じる多くの課題を解決しつつ、実現可能な最先端技術の研究開発と、専門性の高い知識を修練していくことがR&D部門としての重要な役割です。

研究開発というと開発現場と疎遠なイメージを持たれてしまうかもしれませんが、実際に開発支援を行う事もあります。全社のプロジェクトの需要やスケジュールに合わせ、より効率的に開発が進められるよう、技術面で提案を行い協力して業務を行います。我々はスクウェア・エニックスの研究開発部門でありながら、支援部門としての役割も担っています。

こういったミッション・役割を果たすには広範囲で深い知識が必要ですが、テクノロジー推進部にはレンダリング、アニメーション、サウンド、物理シミュレーション、ゲームAI、ネットワーク、エンジンコアシステム、ツール、ワークフロー、テクニカルアート、人工知能、ビッグデータ、VR/AR、などゲーム制作に必要な多岐にわたる技術の専門家が所属していることが最大の特徴です。

もちろん研究開発を行う部門ですので、アカデミックなプロファイルをもったメンバーは少なくはありません。ですが、先述のように「象牙の塔」のリサーチを行う部門ではありません。メンバーの過半数はゲーム制作の経験が豊富なベテランスタッフで、スクウェア・エニックスのゲームプロジェクトのチームと一緒に現場で実装支援しています。開発で発生した課題に対して技術的な提案を行いながら、現場のニーズや知見を得ることで全社の需要を把握し、試行錯誤や調整をしながら実用研究を進めています。また応用性の高い技術の支援を行うため、スクウェア・エニックスホールディングスのほとんど全てのスタジオや部門と横断的に情報共有することで、より汎用的な技術となるよう心掛けています。

そして我々は常に複数のプロジェクトの目標に合わせて、システム向上から特別な新機能の実装まで、幅広く様々なタイプの支援を並列的に提供しています。同時に複数のプロジェクトを担当したり、そのプロジェクトの優先度やフェーズによって業務内容が変わることもあったりと、大変なことも多々ありますが、様々な経験を積むことが出来る活気的な環境だとも言えます。最先端の技術を国内外問わず得る為、テクノロジー推進部のメンバーの過半数は海外出身で様々な経歴・文化が混ざった環境の為、かなりの柔軟性とコミュニケーション力が求められる部署ですが、短期間でより多くの経験とスキルを詰めることができます。

このような最先端の技術をデジタルゲームに活かしていくことに興味のある方は、ぜひご応募ください。

テクノロジー推進部:http://www.jp.square-enix.com/tech/