可能性に満ちた成長市場。
常に変化する情勢に対応しながら
最高の「物語」を届けていきたい。
営業推進部 海外事業グループ 
孫 ジェイン(2017年新卒入社)
私の仕事
入社後、国内向けの営業を1年担当し、2年目から海外事業グループに移り、現在はアジア営業チームに在籍しています。営業推進部ではゲームをお客様が商品として手に取るまでのプロセスをみており、パッケージの生産・流通管理、販売企画、また法人取引先さまとの交渉から販売店における実展開まで、業務は多岐に渡ります。
アジア営業チームでは、さらに各販売国の言語にゲームを翻訳するローカライズ管理、各リージョンの現地流通会社さまとの交渉、マーケティングプランの立案、コミュニティマネジメント、現地イベントのプランニングといった、海外ならではの業務で、さまざまな側面からゲームの販売に関わることができます。市場とともに成長しているチームですので、新しい発見も多く、非常にやりがいを感じる仕事だと思います。
仕事の醍醐味
アジア市場では、ゲームが現地語にローカライズされ始めたのは比較的近年の話ですが、供給がこれまで少なかった分、ユーザーの熱量も高く、コアファン層のフォーラムも活発です。現地イベントで目を輝かせながらステージや試遊台を楽しまれているお客さまの熱量に触れると、言語も文化も異なる国の人々と感動を共有できることに喜びを覚えますし、自分の仕事に意義を感じます。
アジア市場は情勢も不安定であることが多く、また今は特に時勢柄、海外に渡航することも難しいため、現地の情報をあらゆる手段で収集しながら柔軟に対応する姿勢が問われますが、前例がないチャレンジが多いからこそ、やりがいも大きいです。近年飛躍的に成長している市場である分、新しいことにも積極的にチャレンジしていけるフィールドですので、ゲームが好きで、海外ビジネスに興味がある人にとっては挑戦しがいのある仕事ではないでしょうか。
一日のスケジュール例
始業・連絡ツールのチェック 現在は在宅勤務とオフィス出社を併用して業務を行っています。1日のはじめにまずはメールを確認し、その日のタスクを洗い出します。海外とのやりとりが多いため、時差の関係上、メールが夜中に来ていることもよくあります。
定例ミーティング web会議システムを利用して、チームメンバー各自が担当している業務の進捗状況や連絡事項の報告・共有をします。アジアチームにはさまざまな国籍のメンバーが在籍しているので、業務連絡だけでなく、チームメイキングの一環で互いの文化を共有したりなど、リモート勤務ならではの交流をする時間にもなっています。
昼休憩
各プロジェクトごとの打ち合わせなど タイトルごとに各関係者と状況の共有や今後の動きなどについて打ち合わせを行います。その都度動いているプロジェクトにより、会議の数は異なります。
販促・調整業務 メディア対応や、販促で必要な素材の手配、SNSの管理、現地の流通パートナーとの調整などを、各地域ごとに行います。
また、以前は各国のゲームショーやイベントでゲームを出展したり、現地メディアとの取材を実施するため出張業務が多かったですが、現在はオンライン上でのイベント実施や取材調整を行っています。
終業
海外では文化や感性の違いから、日本の常識では理解できないことが現地でウケることもあります。日々、新しい発見のある仕事です。市場と情勢も常に変わり続け、柔軟な姿勢が問われる場面が多々あるので、変化に敏感で、新しいことを貪欲に吸収する意欲を持った人が向いている仕事だと思います。
エントリーマイページ