社員インタビュー:第四開発事業本部 2Dデザイナー 山下 頌人(2016年新卒入社)

私の仕事

入社以来、F2P(Free to play)を主に担う事業部でデザイナーとして仕事をしています。最近はミリオンアーサーシリーズのキャラクターデザインやキービジュアルを担当しました。また、自身の手でイラストを描くだけではなく、外部開発会社のデザイン監修、主に「とある魔術の禁書目録 幻想収束(イマジナリーフェスト)」のイラスト監修も行っています。
色々な絵を描かなくてはならない中で、まだまだ自分の引き出しが少ない・幅が狭いと感じています。それを増やし、拡げるために、昨年から漫画を月100冊読もうと決め、漫画を読みながらこんなキャラクターもいるのかという気づきを得たり、自分も描けるようになろうと習作に挑戦したりしました。大体1年で1000冊程は読みましたね。
そうした苦労や努力の結果、自分の描いたキャラクターが人気投票で上位だった時には、キャラクターの声優さんやシナリオの力も大きかったと思うのですが、自分の絵も貢献できたんじゃないかという実感が湧き、喜びが大きかったです。

仕事の醍醐味

スクウェア・エニックスは世界と戦っていける会社です。絵自体にも求められるものも勿論大きいですし、そのレベルまで到達することのハードルは高いです。自分の能力がまだまだだと思うこともありますが、ここでキャラクターを描けるということ自体をすごく光栄に思っています。
キャラクターデザインの仕事上での醍醐味を挙げると、自分の描いたキャラクターに、声優さんの声が吹き込まれ、シナリオが加わり物語の中に位置づき、ゲームの中で生きているかのように存在すること。それがとても嬉しく、ゲームのシナリオの中で登場し、本当に存在するかのようにゲームで息づくこと。これは本当に生まれたかのように存在する事が嬉しいですね。

1日のスケジュール例

出社
メールや、外部の開発会社から共有されたデザインをチェックした後に、1日のタスクスケジュールを考えていきます。
デザインの案出し
キャラクターデザイン案を描いていく作業に着手します。
朝は頭がよく働き、いいアイデアが浮かびやすいので、生み出す業務(デザイン業務)をすることが多いです。
昼休憩
 
監修作業
朝に確認した、外部の開発会社から共有されたデザインの監修作業をします。
ゲームに出たときに綺麗に見えるか等をプロデューサーと相談して、必要に応じ修正の依頼をします。
この際、外部の開発会社のモチベーションを下げないように心がけて、修正案を出すようにしています。
イラスト作業
主にキャラクターの立ち絵、イラスト、プロモーション用のイラスト作業をします。この作業はハードルを上げようと思えば、高く上げられる作業なので、昼食後の元気な時に集中して作業しています。
イラスト作業をした後、デザインをチーム内で共有したり、プロデューサーに見てもらう等して、アドバイスをいただくようにしています。いただいたフィードバックから、日々勉強させてもらっています。
3D研修
現状2D系の業務を担当しているのですが、今後の為にも、社内で開催されている3D研修に参加をします。
実際に社内で3Dを作成している人が教えてくれるので、より実践的で身になるものが多いと感じています。
退社
家に帰ったらゲームの自主制作作業をしています。会社でイラストを描いているので、Live2D系のアニメーション作業やプログラミングの練習に意識的に取り組むようにしています。
メッセージ
自分の持てる全てをデザイン・絵のために費やせる熱意、そして本当に絵が好きだという気持ち、チームワークを大切にするマインドをお持ちの方と、是非一緒に仕事がしたいと思います。