Character

疾風のファルコンユウ・ゼネオルシア

ガテラティオ出身の16歳。
正教騎士団三銃士、【疾風のファルコン】を異名とする三銃士の若きリーダーで本作の主人公。
数年前、急逝した先代当主に代わり、幼くして名門ゼネオルシア家の当主となった。
イスタンタールへの4年間の留学生活を、優秀な成績で終え帰国。直後に正教騎士団に入団した。
ほどなく歴代ゼネオルシア家当主が務めてきた、正教騎士団三銃士のリーダーの座に上りつめる。
クリスタル正教とエタルニア公国の和平調印式において、法王アニエスの警護を担当することになるが…

烈火のウルフジャン・アンガルド

ガテラティオ出身の16歳。
正教騎士団三銃士、【烈火のウルフ】を異名とする剣の名手。
貧しい農家に育ち、近隣の村々に響き渡るガキ大将で、貴族の子弟たちとの大喧嘩に至ることもあった。
数年前、両親と死別すると腕っぷしの強さを認められ、剣術特待生としてイスタンタールへの留学を果たした。
イスタンタールでは同郷のユウと友情を深め、めきめきと頭角を現して飛び級を重ね、ユウよりも早く卒業を果たし帰国した。
正教と公国の和平の機運が高まり、正教騎士団の再結団が認められると、身分に囚われぬ登用制度により正教騎士団への入団が認められる。
門地や後ろ盾のないジャンは、剣の腕前と数多くの武功をもって出世を繰り返し、ついには三銃士の称号を得る。

堅牢のバイソンニコライ・ニコラニコフ

ガテラティオ出身の34歳。
正教騎士団三銃士、【堅牢のバイソン】を異名とする司祭。
古くから正教騎士団に在籍し、エタルニア公国の圧力によって正教騎士団が解散させられた「白獅子の受難」も経験している。
騎士団の解散後も司祭として教団に身を置き、再結団のために奔走し続け、正教と公国の和平の機運が高まるとようやくニコライの努力は認められる。
身分に囚われぬ実力本位の登用制度を推し進めジャンなど才能ある若者を起用する反面、旧来の有力貴族たちとうまく折り合いをつけるなどして、騎士団の運営に尽力している。

クリスタル正教 法王アニエス・オブリージュ
クリスタルにその生涯を捧げた、風のクリスタルの巫女。

数年前―、仲間たちと共に世界を巡り、幾多の困難に打ち勝ち、
ルクセンダルクを未曾有の混乱に陥れた闇の大穴を消し去ることに成功。
十数年に渡る受難の時代を経て、瓦解しかけていたクリスタル正教を見事にまとめ上げ、クリスタル正教の長い歴史の中で、わずか3名しかいない法王職に数百年ぶりに就任。世界各国の要人との親交もあり、信徒以外の民衆からも絶大な人気を得ており、クリスタル正教とエタルニア公国との恒久的和平の実現に心血を注いでいた。
いよいよ、その結実である和平調印式を迎え、世界はひとつになると思われたが―
その式典において、彼女は連れ去られてしまう。

エタルニア公国軍 近衛騎士団団長イデア・リー

かつて、配属された部隊のやり方に疑問を抱いて公国軍を飛び出し、風の巫女アニエス・オブリージュらと共に世界を巡った。ルクセンダルクを闇の脅威から救い、公国軍に復帰したイデアは、父ブレイブを助け公国の立て直しに尽力。新設された近衛騎士団の団長となったイデアはクリスタル正教の法王に就任したアニエスとともに、エタルニア公国とクリスタル正教の和平の道を切り開いた。
しかし、アニエスがさらわれたと聞き、詳しい状況を探るために単身エタルニアの街へと向かった。

復活の奇跡の人ティズ・オーリア

かつて風の巫女アニエスを助け、世界を闇から救うべく一緒に旅をした。
世界中を巡り、さまざまな困難の末にようやく闇の大穴を消し去ったその後、まるで魂が抜け落ちてしまったかのように倒れてしまう。エタルニア公国軍総司令部の白魔道プラントに運びこまれ、かろうじて命をつないでいたが、この度、久方ぶりに目を覚ますこととなる。

魔王バスターマグノリア・アーチ

“月から来た魔王バスター”を名乗る謎の女性。
年齢不詳。神出鬼没。大胆不敵。
突如現れた「魔王」によって、 最後の一人となってしまった。
月の民の生き残りを自称している。
社交的な変人。繊細だが豪快。
現実的かと思えばロマンティスト。
エレガントな美貌と相反する掴みどころのない性格だが、
ただひとつ確かなのは、凄まじく腕が立ち、
ティズ・オーリアを救出した、ということだ。

新たなアスタリスク所持者 /
褐色のバリスタ
エイミー・マッチロック

トマホークのアスタリスク所持者。
フロウエルの奥地にひっそりと暮らす少数部族の女性。
精霊と交信する能力を有し、先端に部族の守り神を模した斧槍をあしらった旧式の銃を愛用している。

イラスト:abec


新たなアスタリスク所持者 /
パティシエ
アンジェロ・w・
パネットーネ

天才的な菓子作りの腕前を持つ、さすらいの菓子職人。
彼の行き先では、その極上の指から作りだされる極上スイーツを目当てに黒山の人だかりができる。甘いルックスと軽快な話術、彼の手がけるスイーツのあまりにもの美味しさは、世界中の女性をとりこする。
また、トマホークのアスタリスク所持者、エイミーがぞっこんの相手でもあり、二人がどこでどのように知りあったのかまったく不明ながら、常に行動を共にしている。

イラスト:abec


新たなアスタリスク所持者 /
ねこ使い
ミネット・ゴロネーゼ

グランツ帝国所属。『ねこ使い』のアスタリスク所持者、ミネット・ゴロネーゼ(17歳)
ねこの王を自称し、世界中の猫と心を通わせ、会話することができる特殊な能力を持つ。
敵から受けた技の数々をラーニングして、アイテムを消費して『ねこ技』としてねこに実行させるのを得意とする。
ねこ同様、思い込みが激しく飽きっぽく、作戦をよくトチるドジッ娘。

イラスト:大久保 篤


新たなアスタリスク所持者 /
占星術師
謎の老人

占い師の謎の老人。
星の運行を見、運命を読み解き、啓示するトロルかと見まごうばかりの巨体の持ち主。
物事に没頭すると人の話など一切聞こえなくなり、割れ鐘のような大声と豪快な笑い声が
とてもうるさい。

イラスト:大久保 篤


新たなアスタリスク所持者 /エクソシストブラッディ・ガイスト

グランツ帝国、皇帝オブリビオンに仕える“エクソシスト”のアスタリスク所持者。
年齢、出身、本当の名などは、すべては謎につつまれている。
彼の得意技は“アンドゥ”…なかったことにすること。
敵からのダメージ、消費されたMP、数ターン前までさかのぼり、なかったことにする。
相手に傷と激痛を与え、激痛の記憶はそのままに傷だけをなかったことにする。そして、ふたたび傷と痛みを与える…。無限に繰り返す激痛に精神が崩壊し、やがてもがき苦しみながら死を哀願するようになる。

イラスト:yokoyan


新たなアスタリスク所持者 / ウィザードアヤメ

グランツ帝国に所属する「ウィザード」のアスタリスク所持者。22歳。
常に奇怪な人形を抱いている全身黒装束の不気味な女性。
主従の関係にあるクー・フーリンを従えて、
新体系の魔法「精霊魔法」を駆使してユウ一行に襲い掛かる。
その黒髪に隠された表情には、任務とは別の何か――、
ユウに対する深い恨みのようなものが灯っている…。

イラスト:土林誠


新たなアスタリスク所持者 / チャリオットクー・フーリン

グランツ帝国に所属する「チャリオット」のアスタリスク所持者。(年齢不詳)
背中におびただしい数の武具を背負い、半身が馬の姿という異形の持ち主。
その無尽蔵な闘気と怒涛の圧力を“蹂躙のチャリオット”の
異名で帝国の将兵からも畏怖されているが、なぜか皇帝でなく
アヤメこそが主であると公言してはばからない。
自身を古代の戦士と称し、とても古風な時代がかった
語り口調をしているが、彼が何者なのか、
なぜ半身が馬なのか…謎に包まれたままである。

イラスト:土林誠


世界を否定する者皇帝オブリビオン

ガテラティオの大聖堂で執り行われた、クリスタル正教とエタルニア公国の和平調印式を突如襲撃した仮面の男。
漆黒に染まった羽をはためかす『妖精アンネ』を筆頭に、多くの“アスタリスク所持者”を配下に従え、立ちはだかるユウら正教騎士団を蹴散らして法王アニエスを連れ去ってしまった。謎の“浮遊城”に乗り込み、強大な軍事力を背景に、世界中に戦いの渦を巻き起こす。その仮面の奥の冷たい視線は、何を見つめ、何を目論むのか…!?

アンネ

皇帝オブリビオンにつき従う、漆黒に染まった羽を持つ謎の妖精。
皇帝の忠実な秘書官的存在で、数々の助言や戦況の分析・報告を淡々とこなす一方、時折覗かせる酷薄で残忍な性格は、味方の将兵を大いに震え上がらせる。

アスタリスク所持者 /白魔道士ホーリー・ホワイト

エタルニア公国空挺騎士団の紅一点。威勢のいい姉御肌の女性で、前作では相棒のベアリングと共にティズの前に立ちはだかった。
今作では海辺の廃屋を巡ってボリトリィと激しく対立しているようだが…?

アスタリスク所持者 /シーフジャッカル

ナダラケス砂漠の遺跡に身を潜める盗賊団の若き長。
前作ではボリトリィの指示で盗みを働き、オアシスにやってくる人々を困らせていたが、今作では一転、砂漠の自警団なるものを結成しているのだとか…。

アスタリスク所持者 /商人ニコソギィ・ボリトリィ

ナダラケス地方のラクリーカを拠点としていたマヌマット・ボリトリィ商会の会長で、お金にがめつい守銭奴。ティズらの活躍で商会が壊滅したあと姿を消すが、今度はエイゼン地方に目をつけた様子。

アスタリスク所持者 / ヴァルキリーエインフェリア・ヴィーナス

ヴィーナス三姉妹の長女で、イデアの姉弟子にあたる存在。
過去ではブラッドローズ特務隊の一員としてイデアらと剣を交えた。公国軍が破られた後は特務隊を離れ、とある「修行」のため各地を旅していたようだが、はたして…?

アスタリスク所持者 / 狩人アルテミア・ヴィーナス

ヴィーナス三姉妹の三女で、常にけもののかぶり物をしている少女。
強者との戦いを喜びとし、ブラッドローズ特務隊としてフロウエルへの攻撃に参加していた。今作では意外にもオミノスの用心棒になっているようだが、その真意は如何に?

アスタリスク所持者 / 召喚士メフィリア・ヴィーナス

召喚士のアスタリスク所持者。ヴィーナス三姉妹の次女。
過去、ブラッドローズ特務隊としてフロウエルを攻撃し、そのおぞましい任務により、自身の心まで病んでしまっていた。だが、その傷も今は癒え、新たな召喚魔法の研究に日夜没頭中なのだとか…。

アスタリスク所持者 / 黒魔道士オミノス・クロウ

わがままで自己中心的な性格の元エタルニア空挺騎士団幹部。
かつてイデアと共に風の巫女捕縛の任に派遣されたが、その非道な行いに反発したイデアによって倒された。今作では魔王に対抗するため、とある調査をしているのだとか。

アスタリスク所持者 / スーパースタープリン・ア・ラ・モード

ポップでキュートなルックスと持ち前の歌声力で人々を魅了する戦場アイドル。かつて剣派の兵士を扇動してエイゼンベルグの内乱に介入していたが、ティズたちに敗れマイクを置いた。
現在はアイドル稼業にも復帰して、新曲の準備をしているのだとか。

アスタリスク所持者 / 海賊ハイレディン・バルバロッサ

エタルニア公国軍黒鉄之刃の副団長。幽霊船となり果てた亡き親友スレイマンの船ファンキー・フランキスカ号に乗り、パイレーツ・オーシャンをさまよっていた。なにやら今回は、海に生きる男として、戦場アイドルプリンにもの申すことがあるらしいが…?

アスタリスク所持者 / ソードマスターノブツナ・カミイズミ

エタルニア公国第一師団「黒鉄之刃」の団長。剣聖と呼ばれる剣の達人で、イデアの師匠。かつて、エイゼンベルグの内戦に介入し、圧倒的に不利な戦力差にもかかわらず、対する盾派と互角の戦いを演じていた。その後、諸国遍歴の武者修行にでていたようだがその道中で拾った一匹の猫と共にイデアらの前に再び姿を現す。
JOB