プロジェクト・エコーズ | SQUARE ENIX

News

World

ひとにはみな、生まれたときより定められた運命がある。ある者は無辜の民として…そしてある者は可憐なる王妃として…授かった運命から、ひとは決して逃れることができない。もしも、その運命に抗い、別の運命を望もうとすれば…ひとは大いなる罰を、受けることになる。

僕らの過ちは、世界のシステムに気づいたことではなかった世界から与えられた罰は世界からの拒絶運命を受け入れられなかった僕たちは残された自分の人生を拒絶したそう、それが僕らが犯した罪だった

罪深き死者を誘う贖罪の場は管理者たちの墓場管理者により選ばれた罪人は図書館へたどり着くそこは、救済ではなく贖罪の場そこは、無限の中に作られた有限の記憶与えられた運命を拒絶した僕らは新たな役目を与えられるそのことに僕らは気づくことができなかった

CHARACTER

  • わたしはジブリール。“図書館”の司書です。あなたの到着を 歓迎しますよ。 図書館の管理者。図書館が管理するを守護している。メルヘンから外れ自ら命を断ってしまった存在にを与え、図書館に招き入ともに人々を守る活動を行う。かつて仲間だったの襲撃を受けた際の負傷で脚が不自由になりメルヘンに自ら行くことができなくなってしまった。あらゆる存在を肯定するのは管理者でありであるため、自らの意見を持つことがないため。

ENTRY
今すぐ事前登録する

ENTRY

今すぐ事前登録する 今すぐ事前登録する 今すぐ事前登録する

WORLD

CHARACTER

ジブリール