ゲーム・映像開発
アーティスト
ゲーム開発におけるアーティスト(デザイナー)の役割は細分化されており、コンセプトアートなどの2Dアート、企画意図に沿った最適なUIデザイン、キャラクターの設定画をもとに立体化する3DCGキャラクター、コンセプトアートの世界観をCGで表現する3DCG背景、キャラクターやモンスターに命を吹き込むモーション、ゲーム内ムービーを演出するカットシーン、魔法や爆発などの特殊効果を作成するVFX(エフェクト)、アーティストが業務をする上でツールやワークフローを構築しサポートをするテクニカルアーティスト(TA)などのセクションに分けられます。
各セクションにおける専門的なスキルは入社後に習得することができますが、コミュニケーションやチームワークは全セクションで共通して必要とされます。
多様なコンテンツを展開している当社では、トップレベルのアーティストたちが集っており、その中で自身の能力を磨くことができる環境となっています。
ゲームデザイナー
ゲームの「遊び」をデザインする仕事です。ディレクターの方針に従って、バトルやクエストなどのシステムからゲームのサイクルに至るまで、ゲームを構成する一つ一つを企画し、ゲームエンジニア、アーティストと共に形にしていきます。基本的にプロジェクトには複数名のゲームデザイナーがおり、セクションに分かれて業務を遂行していきます。
共に働くプロジェクトのメンバーに対して自身の企画を説明する際、「何がやりたいのか」「なぜそれが必要か」を伝えなければいけないため、普段から自分が面白いと思ったものを分析し言葉にする力と、最終的に企画した形まで作り上げる実行力が必要となります。
ゲームエンジニア
グラフィックス表現やプレイヤー操作、パラメータ計算など、ゲームに必要な要素の全てをコンピュータ上で動作させるためのプログラムを記述する職種です。大規模なプロジェクトの多い当社には専門性の高いゲームエンジニアたちが数多く集っており、各領域で世界トップクラスの技術を追求しています。いくつかのセクションに分かれ互いに協力をしながら業務を遂行していく上で、技術研究を含め試行錯誤しながら自身の担当分野を突き詰めていくことが可能です。
この職種で重要になるのは「良いゲームを作りたい」という強い情熱と論理的思考力です。また、問題に行き当たった際に、諦めることなく解決に取り組める粘り強さも必要となります。
実力主義のため年齢に関係なくリーダーや重要なポジションを任されることがあります。キャリアにはリーダーとしてチームを率いる道や、技術力を磨き続けてチームに貢献する道などがあります。
CGエンジニア
ゲーム内のオープニングやエンディング、ゲーム中のイベントなどで使用されるハイエンドCG映像の制作で必要になるエンジニアリング業務を担当します。
アーティストからのCG表現に関する要望に対して、具現化するための調査・検証などの研究開発業務のほか、サポートツールの開発・運用、パイプライン・ワークフローの開発、モーションキャプチャースタジオ向けの開発など、多彩な業務があります。また、映像制作で必要となる大規模なレンダーファームやストレージの管理、アーティストの利用する制作環境の構築まで、幅広いインフラ構築も含まれます。映像制作や3DCGに対して熱意を持ち、制作全体を俯瞰して、業務に取り組む姿勢が必要となります。
エントリーマイページ